ミュゼの解約方法

ミュゼが倒産する前に解約したい!

ミュゼプラチナムは、利用しなかった分は手数料もなく全額返金してくれるのがウリでしたね。

 

倒産のうわさがささやかれていますが、ミュゼは先払いですので、倒産で返金されないかもしれない・・・なんて考えると不安ですよね。

 

解約の方法と、施術してない回数分の返金について

ミュゼ 解約

 

解約をするためにはミュゼのコールセンターに「解約したい」と電話します!

 

自動音声に繋がったら、既存会員は3番を押してオペレーターに繋いでもらい、出た担当者の方に「解約したい」と伝えます。
( 会員証に掲載 0120-965-489 )

 

担当者の方から、会員番号と解約理由を聞かれますから、理由は「予約が取りにくいので」などはどうでしょうか。事前に会員番号を用意しておくとスムーズですが、ない場合は電話番号で検索してくれます。

 

解約の手続きは契約店舗に行く必要がある

 

「解約の手続きは契約店舗に行く必要があります。」と説明されます。
契約店舗に行けることを伝えると、「ではこのまま契約店舗に電話をつなぎますので、店舗スタッフから手続きの詳細について確認してください」と言われます。
そこで、解約手続きのために来店予約をとります。

 

返金手続きの方法

 

返金手続きする方法は選べます。

 

ミュゼにて返金手続きをする場合

ミュゼに振込先の銀行口座情報知らせる必要がある。(返金まで約2週間)

 

自分で返金手続きをする場合

ミュゼ 解約

解約手続き後、会員サイトで自分で口座情報を入力・手続きする。
(ミュゼから手続きの案内メールが到着した即日に返金の可能性もある)

 

店舗にいって解約申込書にサインする
ミュゼ解約時の持ち物は、支払いをしたカード、振込口座、ミュゼ会員証などなど
クレジットカードで支払いをした場合、そのカードを持っていきます。

 

再度、解約理由を聞かれますが、理由は「予約が取りにくいので」などでOKです。
その後、精算書の内容を簡単にスタッフさんと一緒に確認し、サインします。
サイン後、書類のコピーを渡されます。

 

「自分で返金手続きをする」方法

 

返金手続きのメール案内を受信します。
店舗で解約手続きをした3日後に、ミュゼからメールが届きます。
もしメールを受信しなかったとしても、3日後以降に会員サイトにログインすれば返金手続き可能なので大丈夫です。
解約手続きの時に、返金手続きのマニュアルももらえます。

 

返金手続きの操作方法を確認

ミュゼ 解約

受信メールの「受け取り方法の案内はこちら」のURLをクリックすると、マニュアルを確認できます。

 

解約したい、といってもしつこく引き止められることはないようです。
びっくりするくらいの接客のよさで、ミュゼのスタッフさんは最後までものすごく誠実です。
「返金時期はカード会社によって違うのでミュゼ側からは言えません。
カード会社さんにお問い合わせをお願いします、とのことでした。」

 

ミュゼが倒産するかもしれないというニュースはまだネット上だけなので返金もできていますが、テレビでうわさが流れたら一気に返金騒ぎになって、先払いしているお金もどうなるかわからないと思います。

 

シースリーに乗り換えてみませんか?

 

ミュゼ 解約

シースリーの脱毛は初めての人は初月無料なので、ミュゼが不安だなぁと思う方はシースリーに乗り換えてみませんか?
毎月の支払いは7,000円だし、
乗り換え割で10,000円OFFになり、さらにお得です!

 

シースリーの初回無料予約はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
シースリー公式サイト